筋トレと有酸素運動、どちらが効果的?

ここでは筋トレと有酸素運動のどちらをすれば、よりダイエットに効果的であるかについて、お話していきたいと思います。消費カロリーが摂取カロリーを上回っていることを前提として、お話していきますので御了承ください。

 

ダイエットにより効果的なのが、筋トレなのか有酸素運動なのかについては、詳しい人たちの間でも分かれているようですので、その両方の意見から、最初に御紹介していきたいと思います。まず有酸素運動の方が効果的だと考える人は、筋トレ時に使われるエネルギーは糖質(グリコーゲン)優位であり、有酸素運動では脂肪優位でエネルギーが使われるため、有酸素運動の方が脂肪燃焼率が良いからだと主張しています。一方の筋トレに関しては、筋トレはすぐムキムキになるので、軽いエクササイズで脂肪を落とした方がダイエットには有効であるし、有酸素運動でも筋肉はつくため、有酸素運動をした方がダイエットにもなり、より筋肉質の身体にもなれるので、一石二鳥だとも主張しています。しかしこちらの主張は、消費カロリーが摂取カロリーを上回っている場合は、筋トレをしても筋量が増えることはありませんので、実際には痩せたことで、元からある筋肉が見えるようになっただけなので、あまり正確な主張とは言えません。

 

次に筋トレの方がダイエットにはより効果的だと考える人は、運動強度の観点から見ますと、それぞれ同一時間のトレーニングを行った場合、筋トレの方が有酸素運動よりも消費カロリーが高いため、筋トレをした場合の脂肪燃焼量の方が高くなるからだと主張します。筋トレをすると筋量が増えて基礎代謝が上がるので、痩せやすくなるという意見もありますが、消費カロリーが摂取カロリーを上回っている場合は、筋量は増えませんので、痩せやすくはならないというのが正解だそうです。

 

またATを超えない心拍数で有酸素運動を行うと、長時間続けることが出来ますので、消費カロリーが増えても筋肉にかかる負荷は少量ですので、有酸素運動を長時間続ければ脂肪は落ちやすくなるそうです。筋トレはハードですので長時間の続行は難しいですが、高負荷で運動強度が高く、従って消費カロリーも高くなりますので、あくまでもそれぞれを同時間行った場合には、筋トレの方が脂肪燃焼量も多く消費カロリーも高いため、より効率的にダイエットを行いたい場合には、筋トレの方がダイエットには有効ということになります。

 

但し時間をかけてダイエットを行う余裕のある人であれば、有酸素運動を長時間行っても、体重と脂肪の両方を落とすことは可能ですので、急いでダイエット効果をあげる必要のない人には、有酸素運動でも十分効果はあげられると言えます。それほど時間のない人や急いで痩せる必要のある人、見た目にメリハリのある体型になりたい人には、筋トレの方が効果的でと言えます。このように筋トレと有酸素運動の特性と個々人の体質や都合を考慮して、それぞれに合った方法でダイエットに取り入れていけば、誰でも満足のいくダイエット効果を得ることが出来ると言えるのではないでしょうか。従って、どちらがダイエットに効果的であるかは、人によって変わってくるというのが結論になろうかと思います。